カーシェアリングとは

アースカーのカーシェアリング

カーシェアリングは、マイカーともレンタカーとも異なる、いま話題のクルマとのつきあいかた。
1台の車を必要なときに必要なだけ、複数の人が共同利用するシステムです。クルマにつきもののガソリン代や税金、保険、駐車場代がかからないのでとても経済的!そのうえ、社会全体で見ればムダな車の利用が減るので、環境への負荷を減らし低炭素社会につながると期待されています。

カーシェアリング(カーシェア)とは

「一人1台の車」から「複数の人で複数台の車」へ。

複数の人で複数の車 カーシェアリングは、1台のクルマを複数人で共同利用する仕組みです。
マイカーやレンタカーと異なり、クルマの取得費や維持費、ガソリン代や保険料が不要。必要な時に必要なだけ利用することができます。
費用負担を節約するだけでなく、社会全体での車両数やクルマ利用機会を減少させ、環境への負担も軽減できる新しいクルマの利用方法なのです。

経済性

所有車の利用時に必要な駐車場代・ガソリン代・保険料・車両代が無料。
出費を大幅に削減できます。所有するクルマや利用状況にもよりますが、『年間50万円』もの費用を削減することも可能です。浮かせたお金を自己啓発や趣味に使えば、より充実したライフスタイルが実践できます。

カーシェアの経済性

エコ

カーシェアでECO クルマから排出されるCO2の量は、日本全体で年間約2億5000万トンと言われ、全排出量の約22%を占めています。 クルマを必要な時だけ使う(所有をやめる)ことで、 CO2排出量を削減できるカーシェアリングは、自家用車と比べてずっと環境にやさしい仕組みなのです。